ペットショップで購入

子犬

最近ではペットショップを簡単に見つけることが出来ます。なので犬の飼育を考えた時、まずペットショップを訪ねる人が多いでしょう。 しかし、少し前までは知人宅に子犬が産まれたりした時に譲渡してもらう事がメジャーだったのではないでしょうか。 今のように避妊手術を受けさせる飼い主さんも少なく、また室内で飼育される事もあまりしていなかった時代です。年に1度、何匹もの子犬が産まれ知人の基に貰われて行くのがごく普通でした。 しかし何年も子犬が産まれると引き取り手も少なくなりますし、避妊手術を施していなければ病気になる確率も高くなるのです。 今では子犬を産ませたいと望む飼い主さんであれば避妊手術を施さない事もありますが、子犬の譲渡を受けたら避妊手術を考える必要もあります。

待ち望んでいて子犬が我が家にやって来た喜びは飼い主にしか分かりません。いじらしくて愛くるしい姿に目じりが下がる日が続きます。 しかし子犬の成長はとても速いものです。買い始めてから半年もすると発情を迎える子も多いはずです。あんなに小さかった子がもう大人なのかと思ってしまいます。 そんな時、考えないといけないことが起こって来ます。避妊手術をどうするかです。 健康な体にメスを入れるのは可哀そうと思う人もいます。しかし、本当に可愛いのであれば手術を受けさせる方が良いでしょう。 発情期に入ればとても興奮します。また望まない妊娠をすることも考えられます。 また、生殖器の病気にかかるリスクを考えれば、子犬を産ませないのであれば何度目かの発情の後に避妊手術を施すことが大切な犬を守る事になるのです。