可愛い犬

内臓の弱いフェレット

注射器

大切なペットの死は受け入れがたいですがペット葬儀を茨城で行い、しっかり天国へ見送ってあげるのが一番ですよ。

大切な家族を最後までしっかりと見届けたいとお考えならペット葬儀は大阪のこちらにお願いしましょう。親切で丁寧な対応に満足できますよ。

新婚早々とほぼ同時に、父と伯母の介護生活が始まり、日々ストレスの貯まる生活の中、動物好きの妻が街中のペットショップに通うようになりました。案の定、ストレス解消も兼ねて何か癒してくれるペットを飼いたいと妻からせがまれ、ある日一緒にペットショップを訪れてみると、そこにはふさふさの毛に覆われたずん胴な生き物がハンモックで昼寝している姿が有りました。初めてのフェレットとの出会いはこんな感じでした。店主には見抜かれていたようで、既に連れて帰る意思が固まった様子の妻の前に、ケージやらエサやらオモチャやら抱き合わせで売りつけても大丈夫と踏んだのでしょう、ファーム育ちとはいえ並行輸入のフェレットに少々高い4万円と言う価格での取引を持ちかけて来ました。

店主に押し切られ、そのまま高級なフェレットは我が家にやってきました。病院に行く事もなく「イタチのコロッペ」と言う昔読んだ児童書からコロッペと言う名前を付けると、すくすくとコロッペは育ち、我が家のアイドルとしての日々がスタート致しました。そんな折、父が他界し介護度の進んだ伯母との生活に加え、不妊治療を開始した妻は日々ストレスとホルモン剤との戦いの中、更に赤ん坊のフェレットを飼いたいとせがむようになり、ついにニュージーランド・フェレットが連れて来られると、コロッペの様子が変わりました。食べ物の量が格段に減り、このままだとストレスで病院かと思われる程でしたが、何とか細見の体形のまま年を重ねて行きました。その後もう1匹マーシャル・フェレットが増えた頃、コロッペも5歳になり明らかに様子がおかしい時が増え、次第に病院に通う頻度が増えるようになりました。腎臓に腫瘍が出来やすくなるのがフェレットの特徴である事を調べましたが、動物病院での治療に得るものは無かったです。 結果的に3匹とも5年程度の寿命で、腎臓を患い無くなりましたが、1回数千円の治療費負担も懐かしい思い出です。

亡くなった時は

黄色バック アメリカンショートヘア

ペットが亡くなった時には、ペット専用の葬儀を行うことが大切です。最近ではペットとしてメジャーな犬や猫以外にもミニブタなども扇を行うことができます。インターネットを利用して申し込むことも可能です。

ペットショップで購入

子犬

家族でペットを飼うことを決めたら、まず訪れるのがペットショップです。ペットでメスの犬を購入する場合は、避妊手術などを行って病気になる確率を減らすことが大切です。

様々なドッグフード

トイプードル

昔は飼っている愛犬にあげる食事は人間の食卓で余ったご飯である場合が多くありましたが、最近では多くのペットフードが誕生しているのでどのフードを購入すれば良いか迷ってしまうフードジプシーが多く誕生しています。

時代で変わるペット

「兄ちゃん、海だよ」

今ではペットも家族の一員とする家庭が多くあり、ペットが亡くなった時にもペット専用のペット葬儀をする家庭がほとんどです。ペット葬儀のサービスには、ペットとのアルバルや動画作成などをしてくれるところもあります。